不思議の国ニッポンのアリス

時事問題のブログです。他にもアート関連のブログをやってます。http://hayanosuke2.hatenadiary.jp/ このブログの写真はすべて著作権フリーのものを使用しております。

国民全員が冤罪になり得るー共謀罪が審議中

共謀罪:実質審議入り 首相、「テロ対策」前面に - 毎日新聞

非常に危険な傾向である。なぜ日本人がこのことに無関心なのか理解できない。

簡単に言えば、テロ行為と疑われるような動き、発言をしただけで罪に問われるかもしれないのだ。警察の判断によっては全く身に覚えのない人がしょっ引かれることになる。

「歴史は繰り返す」と言うが、明治33年(1900年)にも同じようなことがあった。当時制定された「治安警察法」では集会、結社、示威運動などに対し、警察が臨監(その場に行って監督や監視をすること)し、解散を命ずることが認められた。

これが大正14年(1925年)の「治安維持法」に繋がってゆくのである。自民党政権の目的が思想、信条の制限、弾圧にあると疑われても仕方があるまい。

昭和3年の法律改正の際に最高刑が懲役10年からなんと死刑にまで引き上げられたが、当時の政党は一部の代議士を除き、なんら反対行動を見せなかった。そのことが後に政党の没落を招き、ゆくゆくは軍事政権の誕生となったのである。

したがって、今野党が抵抗しているのは大変意義のあることで、国民は「野党はだらしない」という見方で傍観するべきではない。

 

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

 

 ◆主なトピック◆

◎無差別・網羅的な監視
◎監視活動に関するアメリカと日本の協力関係

◎人権活動家や弁護士、ジャーナリストまでが監視対象に

◎テロへの不安に乗じ拡大される監視活動

◎流出資料で見る警備公安警察の監視の実態

◎個人の権利を顧みることのない政府の手中に洗練された監視技術がある

 

 

 

トランプ「ドルが強すぎる」発言 アベノミクス死に体

トランプ大統領、「ドルは強すぎる」と発言:識者はこうみる | ロイター

トランプが一言発言しただけで円高になってしまうようだと、もはやアベノミクスに何の意味があるのだろう?

文藝春秋 2017年 03 月号 [雑誌]に経済アナリストの菊池英博氏による「浜田宏一君は内閣参与を辞任せよ」という記事がある。

日銀は(金融)緩和によって銀行の貸出が増えると期待していました。ところが、マネタリーベース(「市中に出回っている現金」と「日銀にある金融機関の当座預金」との合計)をいくら増やしても銀行は貸出を増やさず、マネーストック(金融部門から企業や家庭に供給されている通貨の総量)が期待通りには増えませんでした。

実際に景気の動向を左右するのはマネタリーベースではなく、マネーストックのほうです。マネーストックが増えなければ金融緩和は意味がありません。 

 p323より引用。

経済学を知らない人でも自分たちにお金が回って来ていないことは実感していると思う。

量的・質的緩和が日本では効果がなかったことは様々な数値を見て明らかです。最も深刻なのは実質国民所得の低下でしょう。アベノミクスがスタートした一二年と一五年を比べると、マイナス五%と悲惨な数字が出ています。 

 p/325より引用。

安倍首相には、あたかも賃金が上がっているかのような「印象操作」が目立つ。第186回国会 予算委員会 第13号(平成26年2月24日(月曜日)) (山井和則議員の質問に対する答弁参照)

安倍首相は以前に「賃金が上がらなければアベノミクスは失敗だ」と発言している。(同議事録参照)財政出動も行うつもりが無いのならもう安倍政権が存在する理由はない

 

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

 

 ◆主なトピック◆
◎無差別・網羅的な監視
◎監視活動に関するアメリカと日本の協力関係
◎人権活動家や弁護士、ジャーナリストまでが監視対象に
◎秘密主義は政治の意思決定のプロセスや官僚の質を変えてしまう
◎ジャーナリズムの役割は政府の暴走を抑止すること
◎日本の報道は危機的状況
◎テロへの不安に乗じ拡大される監視活動
◎民主主義では、市民が政府に法律を守れと言えなければならない
◎スノーデン・リークが明らかにしたアメリカ政府による監視の全体像
ムスリムに対する監視
◎流出資料で見る警備公安警察の監視の実態
◎ヨーロッパにおける監視捜査の状況
ナチスユダヤ人大量虐殺を可能にしたものは何か
NSAの監視は違憲なのか
◎メタ・データ 全てを集める
◎個人の権利を顧みることのない政府の手中に洗練された監視技術がある

 

 

習近平がトランプに電話 (米軍北朝鮮近海に空母派遣)

北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、トランプに電話 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

中国が待ったをかけ、北朝鮮とアメリカの間に入って調停をする・・・というのが楽観的観測だ。しかしトランプなら本当に攻撃をしかねない。

脳科学者の中野信子氏は、文藝春秋2017年3月号[雑誌]で、トランプがサイコパスだと断言した。その特徴は「冷酷な合理性」であるという。

一般的な人の言動を決めるのは、脳の「眼窩前頭皮質」という領域です。この部分は人間の共感性を司り、それによって他人を慮ったり、温かな振る舞いができます。

ところが、サイコパスの言動を司るのは「背外側前頭皮質」という領域です。ここは合理的で冷酷な判断を下す時に使うとされている。

一般的な人は、普段背外側前頭皮質をあまり使いません。従って、合理的で冷酷な判断を下す時、ここにかなりの負担がかかります。だから非常に疲れます。

ところが、サイコパスは極めて自然に、疲れることなく、冷酷な判断を選択することができます。なぜならば、彼らは元々眼窩前頭皮質を使いにくく、その代わりに背外側前頭皮質を使っているからです。それゆえ、易々と非情な判断を下すことができるのです。

 p.111より引用。

心情的には北朝鮮など崩壊してしまえばいい、拉致被害者も救出されれば・・・と言いたいが、その場合には日本にも数十発のミサイルが飛んでくることだろう。

覚悟しておいた方が良さそうだ。

 

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)

 

 

観光競争ランキング 日本 世界で4位に 

The Asian Tourism Century is Arriving as Japan, China, South Korea and India Boost Region’s Tourism-Friendliness - Press releases | World Economic Forum

世界経済フォーラム」と言う組織がどれだけ権威があるのか知らないが、とにかく日本が世界で4位になったというのは良いニュースに違いない。

ここで日本の「おもてなし」文化が世界に認められた!とマスコミなどは有頂天になるかも知れないが、「世界経済フォーラム」のページを見てみると、

Travel and Tourism Competitiveness Report 2017 - Reports - World Economic Forum

「Tourist service and infrastructure」(旅行サービスとインフラ)は29位なので大したことはない。「Human resources and labor market」(人材と労働市場)は20位だからそう悪くはないというところ。

日本の接客技術は世界でも評価が高いので、従業員の賃金や地位の向上が課題であろう。「おもてなし」は日本のイメージに関わる大事なところだという認識を企業が持てるかどうかである。外国語のパンフレットを配るとか、翻訳機械の導入で人件費を削減しよう・・・などと考えれば日本の魅力が軽減されてしまう。特に欧米では人対人のコミュニケーションが重視される。職人仕事でも最終的には人の手でチェックされる。

日本の街並みはパリやフィレンツェなどと比ぶべくもないが、それでも観光客が来るのは他の国が真似できない伝統文化を持つからだろう。「Cultural resources and business travel’」(文化的資源とビジネス旅行)は堂々の4位。街並みをもっと美しく(日本的に)すれば更なる伸びが期待できると思う。伝統文化を担う職人の保護も必要だ。政府も金融緩和ばっかりせずに、もっと投資したらどうなのか?市中にカネばかり流しても借り手がいないではないか。

 

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

スノーデン 日本への警告 (集英社新書)

 

 

米軍、シリアへミサイル攻撃

米軍、シリアへミサイル攻撃 「サリン」使った「化学攻撃」に反応 - BBCニュース

トランプ大統領はミサイル攻撃の理由について「女性や子供が(化学兵器で)殺されたからだ」と言っているが、どうしていきなり正義の味方になったのだろう?

仮に彼がサイコパスだとすれば、犠牲になった人たちに対する同情心は全く無いはずだ。しかしサイコパスは「こう言えば普通の人々はこう反応する」ということは学習して知っているので、「強いリーダー」と印象付けるために利用することはあり得る。

犠牲になったのがアメリカ市民なら報復ということで正当化もできよう。(それでも問題はあるが)それ以前にトランプは人種差別主義者、かつ女性蔑視者である。支持率を上げるために59発ものミサイルは金をかけすぎだ。日本の民進党なら「税金の無駄遣いはやめろ」とすぐ言ってくるだろう。

トランプは金正恩より危険かもしれない。サイコパスは常に退屈と戦っているというが、思い付きでミサイルを撃たれてはかなわない。アメリカの犬、いや安倍首相は他国に先駆けて支持を表明したが、国際社会でのスタンドプレーが過ぎるのではないか。早ければいいというものではないだろう。それよりロシアの大統領をこの間日本で歓待したばかりではないか。今度会ったら「ウラジーミル」と呼びかけることができるのだろうか?

 

 

アウン・サン・スーチーの本性が徐々に明らかに

ミャンマー民族浄化をしていない スーチー氏独占インタビュー

http://www.bbc.com/japanese/39511107

ミャンマーではロヒンギャという少数民族(元はバングラデシュの不法移民)が迫害を受けて来たことは様々なメディアで報じられているが、アウン・サン・スーチー女史はBBCのインタビューで否定を繰り返した。多くのロヒンギャの女性たちが、兵士に強姦されたと主張しており、家を焼かれた、人が火の中に投げ込まれたなどと証言している。

Hounded and ridiculed for complaining of rape

http://www.bbc.com/news/magazine-39204086

今までアウン・サン・スーチーと言えば民主主義のために死をも厭わぬ不屈の女性、人権の擁護者というイメージだったのだが、インタビューの映像を見て「あれ?あれ?」という感じだった。

メディアの間では以前からスーチー女史は頑固で融通が利かないと言われていたそうである。まるで弾劾され罷免された韓国の元大統領、パク・クネを彷彿とさせる。強情さと強い自己中心性はアジアの女性の特徴だが、(我々も日々こういう女性は嫌と言うほど目にしているが)所詮はスーチー女史もそのレベルということか。

Myanmar's Rohingya: Truth, lies and Aung San Suu Kyi

http://www.bbc.com/news/world-asia-38756601

日本政府はミャンマーに5年間で8000億円もの支援を贈ることを約束した。これほどの人権侵害を行っている国に経済的利益だけを理由に援助をするべきなのだろうか?日本には十分な社会保障も受けられない高齢者や子供たちがいる。政府が予算を回せば済む話ではないか。社会保障費が足りないといい、増税なしには予算を配分できないというのは恐喝である。

 

ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防

ミャンマー権力闘争 アウンサンスーチー、新政権の攻防

 

 こういうブログも書いてます。(おすすめ本)

読んで火に入る本の虫

マクドナルドの94歳の店員!

94-year-old woman celebrates 44 years working at McDonald's - ABC News

(94歳の女性、マクドナルドでの勤務44周年を祝う)

ロレイン・モーラーさんは現在94歳で44年もマクドナルドで働いているというが、店の温かい雰囲気には驚いた。日本のマクドナルドと言えば人工知能のような店員がマニュアル通りの対応で、会話などできる雰囲気ではない。笑顔も店に「笑え、笑え」と言われて無理やりやらされているものだ。そのうちロボットに置き換えて、「生産性の向上」を図るのだろう。

ロレインさんはお客さんとの交流が楽しくて仕事を続けてきたという。日本の客と言えばいつも急いでいて、店員を急き立てる。店のカウンターで店員を怒鳴っている客も時々見かける。「お客様は神様」だと言うが、神様なら神様らしく、もう少し慈悲の心があっても良さそうなものだ。

ここまで皆に慕われるのはこの人の人柄もあってのことだろう。それにしてもこの人のご主人が亡くなった時に、お客が支えになってくれたというが、そんなことが日本であるだろうか?金を払ったのだからどれだけ非情になってもいいという発想の日本人とはだいぶ違う。

心の貧しい社会はいくら物質的に豊かになってもやはり貧しいままだ。

 こういうブログも書いてます。(おすすめ本)

読んで火に入る本の虫