読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議の国ニッポンのアリス

時事問題のブログです。他にもアート関連のブログをやってます。http://hayanosuke2.hatenadiary.jp/

クロネコがアマゾンで危険生物に食われそうになっている(ヤマト運輸配送問題)

ヤマト運輸が「利益なき繁忙」に陥らないための妙案 | ORICON NEWS

アマゾンはたまに使うが、あまりにもサービス過剰で大丈夫かな?と思っていた。何もその日のうちに荷物を受け取らなくてもいいだろう。客も少しくらい待てないのかと。

「お客様は神様です」とばかりに虫の良いお客の要望ばかり聞いてると結局はこういうハメになる。

新しい技術やシステムができると日本人は無批判にそれを導入する。新しいものは良いものなのだ。経営者は下に生身の人間がいることを忘れて数字ばかり見てるからシステムが暴走しているのに気づかない。チャップリンの「モダンタイムス」の場面を思い出す。

経営側ももっと早く従業員の声を聞くべきではなかったか。今まで日本の会社は労働組合を毛嫌いし、弱体化させてきたが、労働者との話し合いで企業も問題を未然に防ぐことができるのだ。

ヤマト運輸は美術品の運送では世界に冠たる技術を持っている会社である。そのおかげで今まで観ることができなかった世界の宝が東京で展覧できるのだ。その会社が労働基準法を守らないブラック企業では国際的な信用も失いかねないと思うのだが。