不思議の国ニッポンのアリス

時事問題のブログです。他にもアート関連のブログをやってます。http://hayanosuke2.hatenadiary.jp/ このブログの写真はすべて著作権フリーのものを使用しております。

まるでオリバー・ツイストのような話 (兵庫県姫路こども園)

神戸新聞NEXT|社会|給食のおかずスプーン1杯 姫路の子ども園

これを聞いたとき、「本当の話なのか?」と思った。

園児40人余りで発注された給食を約70人で分け、おかずがスプーン1杯だけの子も…。 

 特別監査があった日、同園が外部発注した給食は42人分。おかずを取り分けたが、0、1歳児にはスプーン1杯分しか行き渡らなかったという。

 給食の不足は常態化し、土曜日に限っては10食のみに固定し、これを園児40人前後に分配。おやつは午後1回だけで、4、5歳児は「ビスケット3枚」もしくは「かっぱえびせん6本」に制限した。

まるでイギリスの文豪、チャールズ・ディケンズの「オリバー・ツイスト 」に出てくるような話である。主人公オリバーは孤児院(救貧院)で暮らしているが、支配人は費用を節約するため粥を少ししか与えなかった。

ある日、オリバーは「もう少しください」と言ったところ、ひどい目にあわされる・・・ミュージカルで有名なシーンである。

<私立こども園>周到に隠す? 姫路市の抜き打ち監査で判明 - BIGLOBEニュース

室内温度が14度前後

片付けの省力化を図るため、主食・主菜・汁などを一つの器に入れて0歳児に食べさせたり、その日のメニューにアレルギーがある子に前日までの余った給食を使い回していた

このニュースは今の日本を象徴している。コストを削ることしか考えない経営者労働基準法違反、人権の軽視、虚偽報告、力のある者の自己正当化がまかり通る社会。

ディケンズの小説にはケチで狡猾な人間がたくさん出てくるが、今の日本は19世紀のイギリスのようになっているのだろうか?