不思議の国ニッポンのアリス

時事問題のブログです。他にもアート関連のブログをやってます。http://hayanosuke2.hatenadiary.jp/ このブログの写真はすべて著作権フリーのものを使用しております。

籠池氏が世界的に有名に (森友学園問題)

一般に天然の女性というのは魅力があるが、実際妻にするとなると、なかなか大変なようである。

安倍首相はかなりお疲れのようで、いつにも増して滑舌が良くない。その状態で一国の首相が予算委員会で妻のよく意味のわからないメールを読み上げなければならないのだ。

以下、イギリス紙「ガーディアン」電子版3月23日付の記事。

Shinzo Abe and wife accused of giving cash to ultra-nationalist school | World news | The Guardian

タイトルは安倍晋三とその妻が極右学校に寄付をしたかどで責められる」

Yasunori Kagoikeと書いてある。ついに籠池氏もピコ太郎よろしく、世界デビューしてしまった。我々が今、嫌というほど聞いている話が英語になるとかなり笑える。塚本幼稚園のことをan ultra-nationalist kindergartenと書いてある。「極右幼稚園」ってどんな幼稚園なんだ?

私が通っていたのは「日の丸幼稚園」という名前だったが、教育勅語など言わされなかったし、ましてや竹槍訓練もしなかった。

それはともかく、籠池氏の証人喚問での発言がご丁寧にも英訳してある。

“She said, ‘please, this is from Shinzo Abe,’ and gave me an envelope with 1m yen in it,” Kagoike told a parliamentary committee on Thursday. “Abe’s wife apparently says she doesn’t remember this at all, but since this was a matter of honour to us, I remember it quite vividly.”

英語の分かる方はこれだけ読んでも笑えるが、さらにグーグル翻訳すると面白いと思ってやってみた。

彼女は、「安倍晋三氏のものだ」と言って、1億円の封筒を私に渡した」と語った。 「安倍氏の妻は、これはまったく覚えていないと言うが、これは私たちにとって名誉の問題だったので、私はそれを非常に鮮やかに覚えている」

教育勅語」というのはどう訳せばいいのかと思ったら、the 1890 imperial rescript on educationと書いてある。rescript は詔勅とか布告という意味だ。「国のために犠牲を強いるもの」という説明がある。英語は簡潔、明快だ。「教育勅語の何が悪い」という主張はこの説明を意図的に避けている。

その他にガーディアン紙はこの騒動が安倍政権の支持率に影響していると伝えている。

 

日本会議の研究 (扶桑社新書)

日本会議の研究 (扶桑社新書)

 

 欧米ではよく知られている日本会議。まだまだ知らない日本人も多いだろう。

 

こういうブログも書いてます。

hayanosuke3.hatenadiary.jp