不思議の国ニッポンのアリス

時事問題のブログです。他にもアート関連のブログをやってます。http://hayanosuke2.hatenadiary.jp/ このブログの写真はすべて著作権フリーのものを使用しております。

習近平がトランプに電話 (米軍北朝鮮近海に空母派遣)

北朝鮮への米武力攻撃をとめるためか?――習近平、トランプに電話 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

中国が待ったをかけ、北朝鮮とアメリカの間に入って調停をする・・・というのが楽観的観測だ。しかしトランプなら本当に攻撃をしかねない。

脳科学者の中野信子氏は、文藝春秋2017年3月号[雑誌]で、トランプがサイコパスだと断言した。その特徴は「冷酷な合理性」であるという。

一般的な人の言動を決めるのは、脳の「眼窩前頭皮質」という領域です。この部分は人間の共感性を司り、それによって他人を慮ったり、温かな振る舞いができます。

ところが、サイコパスの言動を司るのは「背外側前頭皮質」という領域です。ここは合理的で冷酷な判断を下す時に使うとされている。

一般的な人は、普段背外側前頭皮質をあまり使いません。従って、合理的で冷酷な判断を下す時、ここにかなりの負担がかかります。だから非常に疲れます。

ところが、サイコパスは極めて自然に、疲れることなく、冷酷な判断を選択することができます。なぜならば、彼らは元々眼窩前頭皮質を使いにくく、その代わりに背外側前頭皮質を使っているからです。それゆえ、易々と非情な判断を下すことができるのです。

 p.111より引用。

心情的には北朝鮮など崩壊してしまえばいい、拉致被害者も救出されれば・・・と言いたいが、その場合には日本にも数十発のミサイルが飛んでくることだろう。

覚悟しておいた方が良さそうだ。

 

サイコパス (文春新書)

サイコパス (文春新書)